ニキビケアには光やレーザー施術とインナーケアが大事!

私は10代から30代まではニキビ肌でずっと悩んでいました。
ニキビがひどい時には、なんと顔と首に合わせて20個以上出来ている事もありました。

それでいつも部分用のニキビケアスポッツ美容液を使っていたのですが、その程度では一向に治る気配はありませんでした。

それで思い切って、美容形成外科でオーロラといった光施術を受けてみる事にしました。
当時オーロラの施術は、なんと1回が30000円と高額だったのですが、思い切って高額な施術を受けて正解でした。

その光のパワーでニキビが急に激減してきたのです。
それで一時期20個以上あったニキビも、数個程度に減らす事が出来ました。

その後そのオーロラの光施術を気に入ったので、年に1~3回といったペースで行って来ました。
それでだいたいのニキビは出来なくなったのですが、それ以外でも年齢が進んできたので、シワや乾燥が気になりだしたのもあって、スキンケアを徹底して行うようにしてきました。

それまではオールインワンジェルだけのケアだったのを、化粧水、美容液、美容クリーム、美容オイルといった風に何段階も重ねてしっかり保湿ケアするようになったおかげで、乾燥によるニキビは出来なくなりました。

さらにコラーゲンやプラセンタ、マルチミネラル等のサプリメントや美容飲料を飲むようになったので、インナーケアがバッチリ行われる事によって、ニキビが出来て悩むといった事はなくなりました。

そう考えると、ニキビの量や出来る頻度にもよりますが、本格的にニキビケアをしていこうと思うのならば、美容形成外科の光やレザー施術といった高度な技術を取り入れたり、サプリメントや美容ドリンク等のインナーケアが一番効果があると思いました。

ニキビもきちんとケアしていけば出来なくなるし、ニキビ跡も肌のターンオーバーによって次第に薄くなっていくので、諦めないで頑張ってケアしていく事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です